会社は事業を始める・行う上でお金が必要になります。 その時、会社は株を発行し、投資家がそれを買うことで、会社は資金調達を行うことができます。
FX
FXとは、「Foreign Exchange」の略で、一言でいえば「通貨の売買」です。FXは、円やドル、ユーロ、ポンドなどの通貨そのものを買ったり売ったりする取引です。
外貨預金
外貨預金とは、日本円以外の外国の通貨で預金をすることです。 通貨ごとに「金利」が異なることに加えて、「為替」といって円と交換するときの比率もそれぞれ異なります。
不動産
不動産投資とは、利益を得るために不動産に投資をすることで、具体的にはアパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の売却益を得たりするものがあります。
商品先物
商品に投資するのが商品先物取引です。 企業に投資するのが株取引なのに対し、金やガソリン、とうもろこしなどの商品に投資するのが商品先物取引です。
日経225オプション
日経225オプション(別名日経平均先物オプション)は、将来において、日経平均株価指数をあらかじめ定められた価格で「買う権利」または「売る権利」のことをいいます。
日経平均先物
日経平均先物は、日経225とも言われ、日経平均株価の将来の株価を予測して取引することで利益を目指すものです。普段ニュースなどでよく目にする日経平均株価自体を予測します。
債権
債券とは、国や地方団体、企業などがまとまった資金を投資家から調達するために、債券債務の履行(満期日までに全額償還し、それまで利息を支払うこと)を約束する証券のことです。
仮想通貨
仮想通貨とは「国によって価値の保証がされないデジタル通貨」のことを言います。 代表的通貨であるビットコインが一時230万円を記録したことはまだ記憶に新しい出来事です。
年金
年金とは定期間または終身、定めの年額で支払われる一定の金銭のことをいいます。日本では満20歳以上60歳未満の国民は全員「国民年金」に入らなければなりません。
保険
火災・病気等の偶然の事故による損害に備えて、保険料を払い、実際に事故があった時に保険金を受け取ることができます。保険の種類はたくさんあり、あらゆるリスクに対応しています。
投資信託
投資信託(ファンド)とは投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する金融商品です。
先物取引
将来の売買について、あらかじめ現時点で約束する取引です。 日本では認知度が低いですが、アメリカではメジャーな取引であり、牛肉やココアなどでも先物取引が行なわれている程です。

PICK UP!投資商品を評価で比較!

             外貨預金
必要資金★☆︎☆☆☆:100円~
手軽さが◎。普通預金よりも金利が高い点も嬉しい。
        仮想通貨
必要資金★☆︎☆☆☆:1,500円~
よくも悪くも世間を賑わせている仮想通貨。手軽だがリスクは高い。
 年金(iDeCo)
必要資金★★☆☆☆:毎月5000円~
手軽に始められるかつ、節税対策にもなる個人型確定拠出年金。
毎月5000円から積み立てられるが、総合してみると必要資金は膨大。原則60歳まで引き出せない点に注意。
   保険
必要資金★★︎★☆☆:約100万円~
例えば、ソニー生命の総合医療保障型の医療保険だと1,683,000円必要。
          投信
必要資金★★★☆☆:1万円~
数多くの商品が用意されている投信。最近は少額から始められるものも多く、運用は専門家に任せます。
    債券
必要資金 ★★★★☆:1万円~
債券により異なるが、個人向け国債は1万円から、普通社債は10万円、50万円、100万円単位で買うことができる。
少しずつ確実に儲けたい人は、国債の安定感は○。
    
必要資金 ★★★★☆:平均26万円程度
自分で企業の情報を見極めながら銘柄を選ぶ。最低購入枚数は100株単位のものが多い。
銘柄により必要資金に大きな差がある。
  日経225OP
必要資金 ★★★★☆:70万円程度~
リスクヘッジには最適。FXや投信と比べると必要資金は多め。
         先物
必要資金★★★★☆:数千円~70万円ほど
FXで有名な先物取引。最近は日経平均先物も人気。レバレッジがかけられる。
  不動産
必要資金 ★★★★★:約50万円~
マンションの一室から始めるならば少額からも可。しかし、利益率を考えると一棟丸ごと購入できるくらいの準備資金を用意する方が吉◎。
         

※データは弊社実施アンケートによるもの

PICK UP!投資商品を評価で比較!

※データは弊社実施アンケートによるもの