日経225オプション




日経225オプションとは


オプションとは、自分の都合に合わせて使うか使わないか決められる「選択権」のことです。
リスクヘッジの効果があり、保険のようなものです。
日経225オプション(別名日経平均先物オプション)は、将来において、日経平均株価指数をあらかじめ定められた価格で「買う権利」または「売る権利」のことをいいます。

・Call・・・あらかじめ決めた価格で買う権利のことです。
将来日経平均株価を買いたいけれど価格が上昇してしまう恐れがある場合、Callオプションを買っておきます

・Put・・・あらかじめ決めた価格で商品を売る権利のことです。
将来日経平均株価を売却する予定があるけれども、価格が値下がりする恐れがある場合、Putオプションを買っておきます。

これらのオプションを買うことで、損を減らしたり利益を得たりすることができます。
なぜなら、オプションの買い手は、自分に不利な場合はその権利を「使わない」ことを選択できるからです。
このオプションを手に入れるためにかかる料金のことを、「プレミアム」といいます。これは保険における保険料と同じようなものです。このプレミアムは、掛け捨ての保険と同じ仕組みです。旅行保険でも、事故が起きなければ保険料は掛け捨てになりますよね。それと同じで、権利を使わなければ、プレミアムは掛け捨てとなります。

日経225オプションはどうやって使われるの?


説明を聞いてもオプションの特徴を理解できない、という方のために、実際に例を使って説明していきましょう。
今回は、例としてPut2万3000円とCall2万1500円の両方を買う、すなわち「2万3000円で買う権利」、「2万1500円で売る権利」を買った場合を説明していきます。このPutとCallを買うのにそれぞれ100円支払ったと仮定します。
まず、日経平均が値上がりしたときです。



日経平均の価格が2万3500円に値上がりしたとします。
このとき、「2万3000円で買う権利」を使うことができるため、500円の利益が発生します。
これに対し、「2万1500円で売る権利」を行使してしまうと2000円の損となってしまいます。しかし、この権利は使わずに放棄することができます。そのため、権利を放棄することで、損失はPutを買うのに支払った100円のみに限定されます。
そして、この場合、全体としては300円の利益が出ます。



日経225先物の価格が2万1000円に値下がりしたとします。
このとき、「2万1500円で売る権利」を使うことができるため、500円の利益が発生します。 これに対し、「2万3000円で買う権利」を行使してしまうと2000円の損となってしまいます。しかし、この権利は使わずに放棄することができます。そのため、権利を放棄することで、損失はCallを買うのに支払った100円のみに限定されます。
そして、この場合、全体としては300円の利益が出ます。

例のモデルにおいては、一番損なのが2万1500円~2万3000円の間で値動きしてしまった時です。
しかしそれでも損失はオプションにかけた200円だけになります。その値段で買うかどうか、売るかどうかを選ぶことが出来るので、損失を減らすことが出来る、すなわちリスクをヘッジできるのです。

ちなみに、100円というプレミアムの値段は一例です。プレミアムは保険料と同じように、期間によって値段がつけられます。この期間のことを限月といいます。

今回は例として、オプションを買う場合を紹介しましたが、オプションは売ることも出来ます。

日経225オプション取引に必要な資金 ★★★☆☆


70万程度です。FXや投資信託などに比べると必要資金は多くなります。

リスク・リターン ★★★★☆


ハイリスク・ハイリターンな投資方法です。しかし、日経平均先物と比べリスクをヘッジできるため、リスクは低くなります。

利益を得る期間 ★★★☆☆


基本的には短期~中期の投資方法です。

オプションのメリット・デメリット
  • メリット

     
    1. 利益も損失も限定可能 ★★★★★

      • 日経225オプションとは?で説明したとおり、オプションの買い手は、自分に不利な場合はその権利を「使わない」ことを選択できます。日経平均先物においては、もし「23000円で買う」という約束をしていて実際についた価格が22000円であれば1000円の損となってしまいますが、日経225オプションでcall23000を買った場合、この権利を使わないこともできるため、買い手が被る損失は、「選択権」を買うために支払ったプレミアム分に限定されます。(⇔売りは、損失が無限)。



    2. 高い投資効果 ★★★☆☆

      • 先物現物の株式投資と比較するとオプション取引は投資効率が良く、高い利益を生むことが可能です。

    3. 有効なリスク回避手段 ★★★★☆

      • 一般的に、保有株式の値下がりリスクの回避の為に、連動する日経平均を原資産に置き換えてプットの買いを入れます。すると図からも分かるように、値下がりリスクを回避でき、かつ市場価格上昇分は、保有株にて追求することができます。このようにオプション取引はヘッジ機能にも応用可能なのです。
        このように、オプション取引はレバレッジ効果の高い先物取引の性質に、リスク回避という性質を併せ持っています。

  • デメリット

    1. 価格変動リスク ★★★★★

      • オプションの価格は株式等に比べ変動が大きくなります。予期せぬ方向へ価格が変動した場合、差し入れた証拠金を大幅に上回る損失が出る可能性があります。特にオプションの売りのみを行う取引は、ハイリスクな投資行為であることを改めて認識しておきましょう。



    2. 流動性リスク ★★★☆☆

      • オプション取引は期日が近づくと取引高が減少する場合があります。また、権利行使価格が市場価格から乖離している場合、取引高が少なくなる場合があります。保有しているオプションの反対売買ができない、あるいは想定していた価格と離れた価格で約定する場合があります。 また期日まで十分に時間が残されている場合も市場価格によっては、流動性が失われる場合もあります。

    3. 規制リスク ★☆☆☆☆

      • レートは操作されている?!
        日経225オプション取引においては、取引所が各種の規制を課す権限を持っています。取引所が課した規制により取引参加者は不利益を被る場合があります。 例えば、 証拠金の臨時大幅引き上げ=これにともなうポジションの決済 大きな変動時に新規の取引を停止=既存の組み合わせから、乗り換えられず、バランスの維持が難しくなります。

日経225オプションの戦略


例ではプットとコールを同時に買う場合を説明しましたが、これらのプットとコールの売り、買いを組み合わせることでいろいろな戦略をとることができます。ここでは典型的な例を6つ紹介します。

  1. バーティカル・ブル・スプレッド




  2. 行使価格の高いオプションの売りと、行使価格の低いオプションの買いを同じ単位行う戦略です。
    ※相場の見通しは強気で、日経平均の価格が予想の範囲を超えて上昇しても利益は限定されますが、下落時の損失も限定されます。

  3. バーティカル・ベア・スプレッド




  4. 行使価格の低いプットの売りと、行使価格の高いプットの買いを同単位行う戦略です。
    ※相場の見通しは弱気で、日経平均の価格が予想の範囲を超えて下落しても、利益は限定されますが、上昇時の損失も限定されます。

  5. ストラドルの買い




  6. 同じ行使価格のコールの買いとプットの買いを行う戦略です。
    ※相場が上昇した場合にはコールオプションを行使し、相場が下落した場合にはプットオプションを行使することで利益が得られるという戦略です。損失はプレミアムに限られます。相場が動きさえすれば利益が得られる一方で、支払いプレミアムは高くなります。支払いプレミアム以上に相場が大きく変動しないと利益を得られないので、相場が上昇するか下落するかわからないけれど、とにかく相場が大きく動きそうだと予想される場合にとります。

  7. ストラドルの売り




  8. 同じ行使価格のコールの売りとプットの売りを行う戦略です。
    ※相場が安定していますと予想される場合にとられる戦略です。相場が大きく動かない限り、受け取りプレミアムが高いのが魅力です。相場が予想どおり小動きの場合には利益が得られるポジションが、予想がはずれた場合には損失が無限に大きくなる可能性があります。

  9. ストラングルの買い




  10. 高い行使価格のコールと安い行使価格のプットを買う戦略です。
    ※ストラドルの買い以上に相場の大変動が予想される場合にとられる戦略です。行使価格の異なるコールとプットを1単位ずつ購入するものです。損失はプレミアムに限られます。図からもわかるように、損失の価格が広いためストラドルよりプレミアム料が安くなります。

  11. ストラングルの売り




  12. 高い行使価格のコールと安い行使価格のプットを売る戦略です。
    ※ストラングルの買いの逆で、相場が一定の範囲で動く場合に利益が得られ、オプションの売却額の合計が最大利益になります。受取プレミアムはストラドルの売りより少なくなります。相場の変動が大きくても収益を保てるポジションです。



日経225オプションで
安全に利益を出すには?

日経225オプションは、うまく使いこなせば日経平均先物のリスクをヘッジすることが出来ますが、一歩間違うと大きな損失を生むことになります。
しっかりとリスクを認識し、利益を出していくためには、「利益を出す方法」を知っておかねばなりません。
こちらでは、利益を出すために大切なポイントをいくつかご紹介します。

  1. メリット・デメリットを理解する

  2. 日経225オプションは非常にメリットが大きい取引方法ではありますが、もちろんデメリットも存在しています。まずはメリットとデメリットの両方を把握して、メリットを享受するための方法と、デメリットを回避する方法を知ることが必要でしょう

  3. ロスカットなどを適切に設定する

  4. 自分の資産全体をしっかりと把握した上で、無理の無い範囲でレバレッジ、投資金額を決めて投資することがおすすめです。また、「見切り千両、損切り万両」という相場格言にもあるように、時には損切りすることも重要です。

  5. 常時取引しすぎないようにする

  6. 日経225オプションは一日に何度も取引できる投資方法ですが、だからといって常時チャートをチェックし続け、取引しすぎるのは、精神的にも、理論的にも良くありません。
    「休むも相場」という格言にもあるように、休むことも重要です。いい距離感を保ちましょう。

  7. 専門のアドバイザーを持つ(証券会社以外)

  8. 日経225オプション取引は、専門用語が多く使われており、戦略の種類も多いため、理解難易度の高い商品です。そのため、日経225オプションに詳しい、専門のアドバイザーにアドバイスを求めながら取引するのがおすすめです。
    ただし、証券会社の担当の方にアドバイスを求めるのはおすすめしません。大手の証券会社の多くは、先物取引を勧めず、投資信託を勧めてくるでしょう。なぜならそのほうが手数料を取れる、つまり会社の利益になるからです。
    このように、公平性という観点からいうと、投資顧問会社にアドバイスを求めるのがより良い選択だといえるでしょう。

    日経225オプションを始めてみたい!!でも実際に始めるのは難しそう・・・
    と思った方は、日経225オプションの専門知識を持つアドバイザーに直接相談してみるのがおすすめです!

    →東京総合研究所リンク

PICK UP!投資商品を評価で比較!

             外貨預金
必要資金★☆︎☆☆☆:100円~
手軽さが◎。普通預金よりも金利が高い点も嬉しい。
        仮想通貨
必要資金★☆︎☆☆☆:1,500円~
よくも悪くも世間を賑わせている仮想通貨。手軽だがリスクは高い。
 年金(iDeCo)
必要資金★★☆☆☆:毎月5000円~
手軽に始められるかつ、節税対策にもなる個人型確定拠出年金。
毎月5000円から積み立てられるが、総合してみると必要資金は膨大。原則60歳まで引き出せない点に注意。
   保険
必要資金★★︎★☆☆:約100万円~
例えば、ソニー生命の総合医療保障型の医療保険だと1,683,000円必要。
          投信
必要資金★★★☆☆:1万円~
数多くの商品が用意されている投信。最近は少額から始められるものも多く、運用は専門家に任せます。
    債券
必要資金 ★★★★☆:1万円~
債券により異なるが、個人向け国債は1万円から、普通社債は10万円、50万円、100万円単位で買うことができる。
少しずつ確実に儲けたい人は、国債の安定感は○。
    
必要資金 ★★★★☆:平均26万円程度
自分で企業の情報を見極めながら銘柄を選ぶ。最低購入枚数は100株単位のものが多い。
銘柄により必要資金に大きな差がある。
  日経225OP
必要資金 ★★★★☆:70万円程度~
リスクヘッジには最適。FXや投信と比べると必要資金は多め。
         先物
必要資金★★★★☆:数千円~70万円ほど
FXで有名な先物取引。最近は日経平均先物も人気。レバレッジがかけられる。
  不動産
必要資金 ★★★★★:約50万円~
マンションの一室から始めるならば少額からも可。しかし、利益率を考えると一棟丸ごと購入できるくらいの準備資金を用意する方が吉◎。
         

※データは弊社実施アンケートによるもの

PICK UP!投資商品を評価で比較!

※データは弊社実施アンケートによるもの