投資をするにあったっての心構え


  投資をするにあたって大切なことは、「心」「お金」「時間」に余裕を持つことです。

  • 自己責任 心の余裕
    投資において、失敗することはあります。
    その際、「相場のせいだ」「仕入れた情報のせいだ」などと考えてしまう人が多いです。
    勘違いをしてはいけません。
    すべては予想を間違えてしまった自分自身に責任があるのです。
    責任感の強さは投資家にとって最も大切な性格といっても過言ではありません。
    責任感と心の余裕をもって投資をしましょう。



  • 余裕資金で行う お金の余裕

    「命の金には手を付けるな」という相場格言があるように、投資は余裕資金で行うのが大原則です。
    なぜなら、リスクを取らなければリターンを得られないからです。
    負ける余裕のないお金で取引を行っても、リスクは取れず負ける可能性を高めてしまうだけでしょう。
    リスクをほぼ0にして運用することは確かに可能です。
    しかし、その利回りはインフレ率を上回ることはできません。
    銀行でお金を借りて定期預金をすれば儲かりますか?
    お金の余裕も忘れずに投資しましょう。



  • 長い目で見る 時間の余裕

    目先の利益や損失に対して興奮するのはやめましょう。
    「急に儲けようと思うべからず」という相場格言があるように、
    短期間で儲けようとして慌てても、目先の高安に惑わされ、結局損につながるだけです。
    常に冷静に長期的な目で見ることが大事ですね。



  • しっかりと目標設定をしておけば、平常心で投資をすることができるでしょう。
    投資をするにあたって大切な心構えは相場格言から学べることも多いです。
    ぜひ一度ご覧になってください。



PICK UP!投資商品を評価で比較!

             外貨預金
必要資金★☆︎☆☆☆:100円~
手軽さが◎。普通預金よりも金利が高い点も嬉しい。
        仮想通貨
必要資金★☆︎☆☆☆:1,500円~
よくも悪くも世間を賑わせている仮想通貨。手軽だがリスクは高い。
 年金(iDeCo)
必要資金★★☆☆☆:毎月5000円~
手軽に始められるかつ、節税対策にもなる個人型確定拠出年金。
毎月5000円から積み立てられるが、総合してみると必要資金は膨大。原則60歳まで引き出せない点に注意。
   保険
必要資金★★︎★☆☆:約100万円~
例えば、ソニー生命の総合医療保障型の医療保険だと1,683,000円必要。
          投信
必要資金★★★☆☆:1万円~
数多くの商品が用意されている投信。最近は少額から始められるものも多く、運用は専門家に任せます。
    債券
必要資金 ★★★★☆:1万円~
債券により異なるが、個人向け国債は1万円から、普通社債は10万円、50万円、100万円単位で買うことができる。
少しずつ確実に儲けたい人は、国債の安定感は○。
    
必要資金 ★★★★☆:平均26万円程度
自分で企業の情報を見極めながら銘柄を選ぶ。最低購入枚数は100株単位のものが多い。
銘柄により必要資金に大きな差がある。
  日経225OP
必要資金 ★★★★☆:70万円程度~
リスクヘッジには最適。FXや投信と比べると必要資金は多め。
         先物
必要資金★★★★☆:数千円~70万円ほど
FXで有名な先物取引。最近は日経平均先物も人気。レバレッジがかけられる。
  不動産
必要資金 ★★★★★:約50万円~
マンションの一室から始めるならば少額からも可。しかし、利益率を考えると一棟丸ごと購入できるくらいの準備資金を用意する方が吉◎。
         

※データは弊社実施アンケートによるもの

PICK UP!投資商品を評価で比較!

※データは弊社実施アンケートによるもの